高度情報化社会の進展に伴い、世界はますますグローバル化が進んでいます。本学では、8学部(平成29年4月1日から9学部)を擁する総合大学として、今後の社会を支える人材育成のために、専門分野における知識及び技能の修得はもとより、卓越した情報技術のレベルアップに取り組むため、平成15年4月1日付の組織改革により「情報処理センター」から「総合情報基盤センター」に改称いたしました。 当センターは、全学的な情報の基盤整備として、「学術情報ネットワークKIND」を中心に教育・研究活動のため、様々な情報機器及び情報サービスを提供し、学部学生、大学院生、教職員に幅広く利用されています。 また、学生・教職員の情報能力の向上のために、各種資格取得講座の実施、生涯学習の一環として、小学生や高校教員、社会人を対象に各種パソコン講座の開催など多方面に亘る教育・研究支援活動を展開しています。

総合情報基盤センター(CNC)