はじめに

近年、高度情報通信社会により個人やオフィスはもとより、学校や様々な教育機関で多くのコンピュータが取り入れられてきました。パソコンの導入やネットワークの構築は幅広く普及してきておりますが、情報モラル、情報リテラシー教育はまだ始まったばかりであり、ソフトウェアやプログラム、音楽ファイルの違法コピーや違法送信が職場や教育現場でも横行しているという、憂慮すべき事態となってきております。学校や様々な教育機関でも、パソコンやネットワーク機器等、物理的には広く普及していますが、情報モラル等の精神的な部分が追いついていないのが実情です。

学校等の教育現場では学習、研究、事務、ネットワークなど利用目的が多岐にわたり利用者も多く、早急に情報モラルの改善が求まれてきております。九州産業大学 総合情報基盤センター 著作権ページでは、法律の難しい条文等を使わずに、なるべく分かり易く、誰でも理解しやすいものを作成していきたいと思っておりますので、専門家や法律家の方には少々、物足りない内容かも知れませんがご理解の程、宜しくお願い致します。当著作権ページが情報モラル、リテラシー教育に少しでも貢献できれば幸いに思います。