r7_c5.png

教育研究システムの愛称アルモ(ARMO)は、ラテン語で「いろいろな技術や能力を身につけている」という意味をあらわす言葉の一部(造語)です。

学生のみなさんが、ARMOのICT技術をひとつのツールとして活用し、さまざま技術や能力、3つのチカラ「考えるチカラ」「支えるチカラ」「伝えるチカラ」を身につけ、将来、社会で活躍できるよう、教育や研究をICTでサポートすることができるトータルシステムを目指しています。

2011年に誕生したARMOは、使い易さをそのままにさらなる進化を果たし、2016年4月にARMO Duoとしてサービスを開始しました。

To the Next lebel and beyond

1.総合的情報環境

  • Office365ProPlus包括契約による全学的オフィスソフトウェア環境の統一
  • AdobeETLA包括契約による全学的クリエイティブソフトウェア環境の統一
  • ウイルス対策ソフト包括契約(教職員)によるキャンパスシステムのセキュリティ向上
  • 語学教育研究センターPC教室のPC環境統合による利便性の向上
  • いつでもどこでも授業ができるバーチャルPC教室(仮想デスクトップPC)の導入
  • PC教室の利用状況がすぐに分かる情報掲示端末(クラスビュー)の継続導入
  • 車椅子対応PCデスクの増設

2.教育及びKSU基盤教育支援環境

  • 学生電子メールのクラウド利用(Office365)による高機能化
  • 教職員電子メールの増強並びにセカンドメール(Office365)の提供
  • 1TB大容量クラウドオンラインストレージ(学生、教職員)
  • グループ利用対応プライベートクラウドオンラインストレージ(学生、教職員)
  • いつでもどこでも印刷可能なクラウドプリント
  • 自動貸出ロッカーによるノートPC及びタブレットPCの貸出(学生)
  • 教職員用貸出ノートPCの増強
  • 視覚表現機能、クリッカー機能対応電子黒板(プロジェクター兼用)の導入
  • フルデジタル対応授業支援システム導入
  • 常設型授業収録システムによる本学専用教材制作環境整備(インストラクショナルデザインワークショップによるシステム活用)
  • シングルサインオン対応ARMOポータル[e-Learning/学習管理システム/授業収録システム/教務システム連携]
  • すぐに利用できるeラーニング学習コンテンツの導入(入学前教育対応)

3.研究活動支援環境

  • 最大150サーバ対応プライベートクラウド環境
  • SSD搭載仮想環境専用超高速大容量ストレージ

4.セキュリティ環境及び災害対策

  • 多要素認証システムの導入
  • ディザスタリカバリ・バックアップの実施(遠隔地バックアップ)
  • 災害時対応Webサイト構築
  • 高可用性学外設置認証システム連携
  • 全サーバ緊急シャットダウンシステム
  • 災害時対応統合認証システム