r7_c5.png

教育研究システムの愛称アルモ(armo)は、ラテン語で「いろいろな技術や能力を身につけている」という意味をあらわす言葉の一部(造語)です。

学生のみなさんが、armoのICT技術をひとつのツールとして活用し、さまざま技術や能力、将来、社会で活躍できるよう、教育や研究をICTでサポートすることができるトータルシステムを目指しています。

ロゴマークの〇▲□は、多様化する人や価値観、社会が互いに関わり合うことで生まれる新たな可能性を表しています。

1.総合的情報環境

  • Office365ProPlus包括契約による全学的オフィスソフトウェア環境の統一
  • AdobeETLA包括契約による全学的クリエイティブソフトウェア環境の統一
  • ウイルス対策ソフト包括契約(学生、教職員)によるキャンパスシステムのセキュリティ向上
  • 語学教育研究センターPC教室やキャリア支援センター、図書館のPC環境統合による利便性の向上
  • いつでもどこでも授業ができるバーチャル教室の導入
  • PC教室の利用状況がすぐに分かる情報掲示端末(クラスビュー)の継続導入

2.教育支援環境

  • 学生、教職員電子メールのクラウド利用(Office365)による高機能化
  • 1TB大容量クラウドオンラインストレージ(OneDrive)
  • 学外者とも共有可能なプライベートクラウドオンラインストレージ(Proself)
  • いつでもどこでも印刷可能なクラウドプリント(PaperCut)
  • 自動貸出ロッカーによるノートPC貸出(Windows/Mac)
  • 教職員用貸出ノートPCの増強(Windows/Mac)
  • ICTを活用した多様な学びを可能にするICTLABの新設
  • 動画やICTコンテンツの制作ができるワークスペースの新設
  • フルデジタル対応授業支援システム導入
  • 常設型授業収録システムの導入(パソコン教室1・パソコン演習室1・OA教室3)
  • シングルサインオンシステム(教育研究システム・K'sLife)

3.研究支援環境

  • 最大150サーバ対応プライベートクラウド環境
  • SSD搭載仮想環境専用超高速大容量ストレージ

4.基幹インフラ、セキュリティ環境及び災害対策

  • シンプルな運用、高い拡張性を持つHCI(ハイパーコンバージドインフラ)の導入
  • データセンターによる24時間365日運用
  • 多要素認証システムの導入
  • ディザスタリカバリ・バックアップの実施(遠隔地バックアップ)
  • 災害時対応Webサイト構築